こんにちは!ジョンです!

記事を書いていく上で大事なポイントがあります。

それは、あなたの記事が誰に何を伝えるものなのかということです。

あなたの記事を読む人はどんな人でしょうか。

そしてそのあなたの記事で、あなたの言いたいことは何でしょうか。

文章を書くときは、このことをはっきりする必要があります。

そこでここでは、文章で大事になるポイントをいくつか説明したいと思います。

記事の基本は「あなた」に伝えること!

記事を書くときに大事なことは、その記事を読む「あなた」に伝えることです。

ですから不特定多数の人たちではなく、「あなた」という一人の個人に向けた文章にすることが大事です。

ですから記事の内容では「あなたにとって…」とか「~のあなたのための」というように「あなた」という言葉を使うようにしましょう。

この「あなた」という言葉を使うことで、訴求力の高い文章にすることができるのですね。

 

例えば、「~が好きな人におすすめしたいのが…」は「~が好きなあなたにおすすめしたいのが…」と、実際にその記事を読む「あなた」に向けた文章にするのです。

このように「あなた」という言葉には、読者に直接語りかけることになるので、自分の思いを相手に伝えやすいのですね。

ですから記事を読む読者のことは「あなた」という言葉を使うようにしましょう。

「言いたいこと」は最初に言うこと!

また記事の中には、あなたの言いたいことがあると思います。

そのあなたの言いたいことというのは、基本は記事の最初の方で言いましょう。

言いたいことというのは、最後ではなくて最初に言うということですね。

 

要するに、結論を先に言うということですね。

最初に結論を言って、その後でその理由や説明をしていくというわけですね。

読者というのはとても飽きっぽいものです。

なので結論がなかなか見えないと、途中で飽きてしまって最後まで読んでもらえません。

 

せっかく苦労して書いた文章を読者に読んでもらえないのはもったいないですよね。

ですから、言いたいことを最初にもってくるということを覚えておきましょう。

読者は結論がわかったら、「その理由は何?」と思って後の文章も読んでくれるのですね。

その言い方で相手に伝わっているのか?

記事を書いていくと、時折長い文章になることがありますね。

長い文章というのは意味が捉えにくく読者に伝わりづらいところがあります。

なので、長い文章は言い方を変えたり文章を区切ったりしてわかりやすい文章に直しましょう。

 

また文章を書くときは「あれ」「それ」「これ」という言葉を使うことがありますね。

これらの言葉を多用すると、何を表している言葉なのかがわかりづらくなるのです。

なので文章では「あれ」「それ」などの言葉は極力なくすようにするといいと思います。

 

ですから面倒でもそれらの名称や事象を書くようにしていくと、読者にとってとても優しい文章になります。

文章というのは言い方ひとつで印象が変わるものですから、常に読者の立場になってみて読みやすい文章かどうかを確認するようにするといいと思います。

まとめ

ここでは、あなたの記事は誰に何を伝えるものか、ということをまとめてみました。

あなたが記事を書く向こう側には、あなたの記事を読む読者がいるということを忘れてはいけません。

相手に言いたいことを伝える努力を惜しまないようにしましょう。