こんにちは!ジョンです!

「ブログ記事を毎日書くのは大変だな」

「うまく記事作成が続かない・・・」

と思っていませんか?

 

毎日毎日、どうやって記事を書き続けていけばいいの?ってジョンも思ってました。

それでジョンはいろんな本を読んでみたり、ブログを見たり、メルマガを読んだりして、続けるために大事なことを学びました。

そこでここでは、ブログ記事を毎日書き続けるために必要なことをあなたにもお伝えしたいと思います。

記事を書くことを習慣化すること

人は普段と違ったことをするのが苦手な生き物です。

ですから毎日決まったことをするのですね。

毎朝決まった時間に起きて、決まった時間の電車に乗って、学校や職場に向かう。

学校や職場でも普段顔を合わせるのは、よく知っている人たちですよね。

それらは「ルーティン」と呼ばれますが、ですからあなたが新しく記事を書き始めると、それは普段と違う作業になるわけですね。

普段と違う作業をすると、すごく疲れて、とても面倒に感じてしまうんですね。

あなたが作家や新聞記者でもない限り、時間をかけて文章を書くことは苦痛に感じて当然なわけです。

 

ではどうしたら苦痛に感じないか?

それは、記事を書くことを「習慣化すること」です。

毎日朝起きてトイレに行って、顔を洗って、歯を磨いて、朝ご飯を食べて、そして家に帰ったら、部屋の電気をつけて、着替えて、夕飯を食べて、テレビを見て・・・。

そんな一日のルーティンの中に、「記事を書く」という行動を組み込むのです。

記事を書く時間帯は、あなたが選べばいいんですよ。

朝でも昼休みでも夜でも。

それが一日の習慣の一部にさえなってしまえば、毎日の記事作成もそんなに苦にならなくなってきます。

逆に記事を書かないとなんかスッキリしないなと感じてきますので、そうなるまで続けることが大事です。

書く時間より書く回数を増やす

記事を書き続けて書くことを習慣化するまでには、ある程度書く量が必要になります

ですので会社や学校が休みの日曜日などに、一気にバ~っと記事をまとめて書くことがあるかもしれませんが、これではなかなか習慣化しません。

なので1日で一気にやるのではなくて、毎日少しずつやった方が習慣化しやすいです。

日曜日に4時間かけて記事を作成するよりも、会社がある日も家に帰ったら30分だけ頑張ってみる。

このように毎日少しずつコツコツ記事を仕上げていく。

これが、習慣化するコツです。

 

そしてさらに、1日の中でも朝の電車の中で10分だけ頑張ってみたり、お昼休みの10分だけ頑張ってみる。

このように、時間をできるだけ分割して有効利用することが大事です。

1日の時間は止めたり増やすことはできませんが、時間を区切って様々な活動に利用することはできるのです。

どんなに忙しくても、時間は探せば見つかるものですよ。

「習うより慣れろ」の精神のすすめ

「習うより慣れろ」というのは、勉強することよりも実際に行動したほうが身につく、ということわざですね。

このことわざは記事作成にもいえることです。

キーワードの選び方ができない、タイトルの付け方がわからない、どんな記事を書けばいいのかわからない、だから勉強するわけですよね。

ですが、これらのことを勉強したところで100%身につくことなんてないんですよ。

100%完璧になるまで勉強しようとすると、いつまでたっても記事が書けません。

 

ですから、「習うより慣れろ」なんですよ。

完璧になるまで勉強するのではなくて、大体わかったら実際に記事を書いてみる

自分の調べたことや考えたことを、実際に文字にしてみる。

そうすることで、記事が書けるようになっていくんですね。

まとめ

ここでは、初心者が記事を書き続けるために必要なことをまとめてみました。

ブログの記事というのは、少しずつでも毎日書いて習慣化すると、全然苦にならなくなります。

一気にたくさん書こうとしないで、少しずつ書いていくのが良い方法ですよ。