こんにちは!ジョンです!

「記事を書くのがつらい…」

「毎日更新してるのにアクセスが全然ない…」

記事を書いていて、このような思いをしたことはありませんか?

 

記事を書いても書いても結果が出なければ、記事を書く意味がないように感じてしまいます。

そうすると、だんだん記事を書くのがイヤになって、記事を書かなくなってしまうのですね。

特にひとりで作業することが多いと、孤独不安ばかりが募ってきてしまいます。

ではそんなときは、どんなマインドがあれば乗り切ることができるのでしょうか。

記事を書くことはずっと孤独との闘い

記事を書くとき、ブログをまだ始めたばかりの頃はひとりで書くことが多いですよね。

ネットでいろんなサイトを見たりいろんな情報を集めたりすることは、あなた一人でやっていますよね。

ですから記事を書くときも、あなたが作者となり編集者となり、読者ともなるわけですね。

 

なので記事を書いているときは孤独です。

これはブログを書き始めた初心者はみんなそうです。

どんなにあなたが頑張って書いていても褒めてくれる人はいませんし、あなたがどんなにサボっても怒る人はいません。

 

孤独というと、友達もいない、仲間もいない、愛してくれる人もいない、とマイナスのイメージが強いのですよね。

今の日本の社会では集団の中で生きていくための教育をしているので、一人で生きることよりも集団で生きることが正しいと思われています。

ですがジョンは、集団で生きることがそんなに良いことなの?集団でいることが正しいことなの?って疑問に思います。

ジョンは、一人だっていいじゃないか!って思うのです。

ひとりで弁当を食べて何が悪い?

お昼のお弁当を誰かと一緒に食べるときは、自分の好きなお店に行くことができなかったり自分の好きなメニューを自由に頼めなかったりするじゃないですか。

たしかに相手の気持ちを察することは大事なことです。

一緒にご飯を食べることで、お互いの親睦を深める。

不平不満、グチを言い合う。

 

ですが、これってすごく面倒なんですよね。

そして何の解決にもならない

まわりに人間がいれば一時は不安は解消されるかもしれませんが、問題解決にはならないですよね。

だったらひとりで考える。

自分ひとりで答えを出す。

そうすれば相手に依存することなく、自分の力で生きていくことができるようになるんですね。

あなたは自分で決めることができているか?

ひとりでやっていくことが良いといったんですけど、それには理由があります。

それは、ひとりでいればすべてのことを自分で決めることができる、ということです。

まわりの人に流されることなく、自分自身で結論を出すことができるのですね。

なので自分の決定に責任を持つことができるわけですね。

 

特にビジネスでは、無責任な人は生きていけません。

ですから、あなたもあなたの決定に責任を持たなけれななりません。

責任を持つことができない人は、絶対に成功できないですからね。

まとめ

ここでは、記事を書いていて孤独を感じたとき、どのようなマインドで乗り切ることができるかということをまとめてみました。

孤独だからといって安易に群れるのではなく、ひとりの時間を大事にすることが必要ということですね。

ジョンのプロフィールを見る