こんにちは!ジョンです!

「記事をもっとうまく書けるようになりたい!」

「私の言いたいことはまだまだこんな事じゃない!」

記事を書いていると、こんなことを考えることがあります。

記事を書く技術というのはコピーライティングの技術といえますが、この技術を鍛えることは簡単ではありません。

特に初心者では自分の考えをキーボードで打ち込むのに必死で、読者への思いをおろそかにしがちです。

なのでここでは、初心者に向けたコピーライティングの上達法についてまとめてみたいと思います。

記事中では比喩やたとえを使って説明する

「比喩(ひゆ)」というのは、何かに例えることですね。

例えば記事の中で大きさを説明したいときには、「直径20cm」と書くよりも「サッカーボールくらいの大きさ」といったほうが読者はイメージしやすいのです。

ですから大きさや重さ、長さなどは実際の数字で表すのではなく、身近なものを取り上げた方がわかりやすい説明になります。

ほかにもたとえとして、いくつか例を挙げることも説明をわかりやすくします。

 

例えば「個人情報は、ポイントカードや保険証のほかに、ツイッターやブログのアカウント、インスタグラムやFacebookなどが挙げられます。」

のように、いろんな種類や媒体を列挙していくんですね。

このように具体例を示すことで、実際にどんなものがあるのかがイメージしやすいのです。

ですから説明には比喩やたとえを使うことが効果的なんですね。

適切な言葉を選ぶ作業を怠らないこと!

また説明するとき、適切な言葉が思い浮かばないときもあると思います。

ここではもっと柔らかい表現にしたいとか、もっと強い表現にしたいなど、場面によって使いたい表現がありますよね。

そのときは「類語辞典(るいごじてん)を使って適切な言葉を探すようにするといいと思います。

 

類語辞典の使い方は簡単です。

例えば「ありがとう」の別の表現を探したかったら、「ありがとう 類語」で検索します。

すると「ありがとうの同義語」が出てきますので、類語を探すことができるんです。

ちなみにありがとうの類語には、「感謝します」「恩に着る」「かたじけない」など、自分では思いつかなかった言葉を探すことができるんですね。

このように類語辞典はあなたの表現の幅を広げてくれるツールなので、ぜひ利用してみてください。

あなた独自の視点や考え方を大切にする!

そして記事を書く上では、あなた独自の視点から記事を書くことが大事です。

主婦であることや一人暮らしであること、また副業のサラリーマンなど、あなたにも立場がありますよね。

そのようなあなた独自の視点というのは大切にしなければなりません。

 

近頃のGoogleの検索順位では、同じような内容の記事は上位表示されなくなっています。

つまりGoogleはオリジナル性のある記事を評価しているのです。

ですからあなた自身の視点や考え方を大切にするようにしましょう。

まとめ

ここでは、コピーライティングの上達法をまとめてみました。

記事を書くことができるようになってきたら、自分の個性を生かすような書き方を意識するといいと思います。