こんにちは!ジョンです!

ジョンはGoogleアドセンスを1年以上続けてきたのですが、これまで大きな問題やトラブルに遭うことなくブログを運営できました。

巷では、

「Googleアドセンスは稼げない」

「Googleアドセンスは終わった」

などといわれたりもしています。

やはりGoogleアドセンスはひとつのビジネスなので、楽ではありませんし結果が出るまで時間がかかります

ですがジョンにはこの稼ぎ方が合っていたので、ここではその理由についてまとめてみたいと思います。

Googleアドセンスは障害者向き?

ジョンはプロフィールでもお伝えしているとおり難病の障害者なのですが、そんなジョンにでもGoogleアドセンスは続けることができました。

ジョンのプロフィールを見る

このGoogleアドセンスのいいところは、脳と目と指しか使わないことです。

パソコン画面を目で見て、脳で考えて、指でキーボードを打つ。

この3つのことができれば、Googleアドセンスはできるのです。

 

身体に障害がある人はたくさんおられると思いますが、たとえ体に不自由なところがあったとしても、目と脳と指は使えるという人はいると思うのです。

・足が動かない

・長い間集中することができない

・生活で介護やサポートが必要

・夢を持つことができない

・生活に張りがない

などのように感じている障害者でも、脳と目と指さえ使えれば始めることができるビジネス、それがGoogleアドセンスなのです。

ジョンが続けることができた理由は?

ジョンの障害というのは、腸と足なんですね。

食べ物を食べても十分に栄養を摂ることができなくて、低栄養状態で運動機能が低下しています。

それでも目や脳や指は健常者と同じように使うことができるんです。

それがもし会社に勤めるとなったら、できないことだらけなんです。

・駅まで歩かなければならない

・電車で立たなければならない

・仕事中に何度もトイレに行けない

・外回りの営業ができない

 

ですがGoogleアドセンスではこれらはすべてやる必要はないですよね。

・動かなくてもいい

・いつでもできる

・好きな時にやめられる

といった利点がGoogleアドセンスにあるから、ジョンは続けることができたのです。

アドセンスで生活の質を上げることもできる!

Googleアドセンスをすることで、稼げるようになることは大事なことですが、日々の生活の質を上げることもできます。

特に障害者にとっては、QOL(Quality Of Life:生活の質)というのはとても大事なことです。

このGoogleアドセンスで読者に情報発信していくことは、夢を持ったりやりがいを感じたりしてQOLを上げることにつながっていくのです。

まとめ

ここでは、Googleアドセンスがジョンに向いていた理由や障害者の生活の質についてまとめてみました。

障害者でもGoogleアドセンスを始めてみれば、新たに夢や目標を持つことができるようになると思います。